シワ改善

顔のシワ、たるみ改善!原因と対策を徹底解説!!

kaonosiwa,taruminokaizen,genninn,taisaku

気になる顔のシワやたるみ

深くなってしまった目尻や、ほうれい線、おでこのシワ、眉間のシワなど

女性の方も、男性の方も気になりますよね。

どうせ、どうにもならないだろうと諦める前に是非こちらを最後までご覧ください!

きっと、自分も改善できる!と思っていただけます。

顔のシワの原因

kaonosiwanogenninn

顔のシワの主な原因は、乾燥、紫外線、加齢、生活習慣によって起こるコラーゲンを作る「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」がダメージを受けるためです。

それではこれらの原因を詳しくみていきます。

乾燥による原因

kannsounogenninn

私達の肌は、角質層がバリア機能を働かせ、外からの刺激や、水分、脂質が外に逃げるのを防いでいます。

しかし、角質層に含まれるアミノ酸などの天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が減って、細胞をつなぎとめる力が弱くなり、バリア機能が低下、水分が逃げてしまいます。

乾燥肌を起こさないためには、肌のバリア機能を守ることが何より大切です。

過度の洗顔なども顔のバリア機能を壊します。
優しく洗い、洗浄力の強すぎるものを使わない。
保湿する事が大切です。

 

紫外線による原因

紫外線(UV-A)を浴びることによって引き起こされる肌の老化現象を『光老化』と言い老化の原因になります。

UV-Aの長い波長は皮膚の深い所まで影響を及ぼして、肌の弾力やハリを保っているコラーゲンやエラスチンを壊してしまう酵素を増やし、コラーゲン繊維を切断、エラスチンを変形させてしまいます。

コラーゲンが減少して弾力が無くなって深いシワになってしまいます。

紫外線は日焼けもしますよね。

日焼けによって肌の乾燥やゴワツキを起こしてシワの原因になります。

紫外線は本当に危険!!

 

加齢による原因

加齢による主な原因は女性ホルモンの低下です。

得意に女性ホルモンで肌に影響を及ぼすのがエストロゲンです。

エストロゲンは肌のコラーゲンを作り、エラスチンをつなぎとめる働きをして肌の潤いを保っています。

エストロゲンが激減する40代からは、肌が乾燥しシワやたるみなどが出やすくなります。

40代以降は女性ホルモンも気にする事!

 

生活習慣による原因

生活習慣で大きいものは睡眠、食生活です

睡眠は皆さん実感があるからわかりやすいと思います。

睡眠不足になると、ニキビが出来たり、ぶつぶつが出来たりなどの肌トラブルが出ます。

これは肌の乾燥や皮脂量のバランスが悪くなってバリア機能を壊しているからです。

次に食生活。

食生活はビタミン不足やタンパク質不足。

コラーゲンや細胞を作るためにはタンパク質が必要で更にタンパク質が細胞を作るのに必要なのがビタミンです。

野菜を摂っていないなど心当たりがあると思います。

更に食生活で大事なのが、糖化です。

糖化は糖分の取りすぎでAGEs(糖化最終生成物)が出来て、これが肌のコラーゲンにくっつく事で、肌が硬くなってしまい、弾力が無くなってシワの原因になります。

血糖値にも気をつけましょう!

高血糖の症状は

  • 異常に喉が乾く
  • おしっこの量や回数が増える
  • おしっこが泡立つ
  • 疲れやすい、体重の減少
  • 足の怪我が治りにくい

これらの症状に心当たりのある方は気をつけてください。

タバコ

タバコは体を酸化させる活性酸素が発生し、老化の原因になります。

活性酸素はビタミンCも消費するので、コラーゲンの生成を下げます。

肌にとって大敵です!

顔のたるみの原因

kaonoturuminogenninn

顔のたるみの原因は頬にあるバッカルファットとメーラーファットという2つの脂肪細胞が幼少期から若い頃まではこめかみ辺りにあり、頬にふっくらとした膨らみを与えます。

赤ちゃんや子どもの顔がふっくらしているのは脂肪細胞が大きいから。

この2つの脂肪は顔の筋膜やリガメントという靭帯(ジンタイ)に支えられていますが、老化や血行不良などにより、支えている筋膜やリガメントが緩くなると、頬の下部に落ちてきます。

そして脂肪の重みにより皮膚がたるみ、特にフェイスラインのたるみを起こします。顔の脂肪が多い方は、フェイスラインがたるみやすい傾向にあります。

女性ホルモンの低下による原因

頬のたるみの原因にも女性ホルモンが関係しています。

なぜかというと、女性ホルモンが低下する事で、骨粗しょう症になり易く、頬の骨が痩せてしまい凹む事で、皮膚も凹んで、頬がたるんでように見えてしまいます。

顔のシワの種類と箇所

kaonosiwasyuruitokasyo

シワには種類と箇所が関わっています。

表情ジワ

笑ったり怒ったりして表情を変えるときに一時的に目立つシワが、表情ジワ。

眉間(みけん)に眉を寄せた時に出来るシワなどです。

表情を作るのには『表情筋』とよばれる顔全体にある筋肉を使いますが、同じ表情が癖になると表情の癖が定着してシワになってしまいます

眉間や目尻、ほうれい線、おでこのシワです。

乾燥ジワ

乾燥ジワは肌の乾燥で、肌表面が水分不足の状態になり、皮膚に溝ができるために現れます。

目尻や口元にできる浅くて細かいシワです。

たるみジワ

肌の老化によって肌のハリや弾力を生み出すコラーゲンが、加齢や女性ホルモンの影響でたるみ、皮膚に深い溝が生じます。

面積の広い下まぶたやほうれい線にできる、深い大きなシワです。

男のシワ、コリのシワ

おでこの皮膚の内側には、髪の生え際から鼻の付け根あたりまで広がっている「前頭筋(ぜんとうきん)」と呼ばれる筋肉があります。
前頭筋は皮膚に直接張り付いている筋肉です。

これが凝り固まってしまうことで、上に乗っている皮膚にシワが寄ってしまうのが原因です。(おでこ、眉間のシワや目元のたるみ、に関係していたりします。)

顔のシワ、たるみの対策

kaonosiwa,tarumi,taisaku

顔のシワ、原因が分かったので種類と箇所を意識しながら先ずは自分でできる対策をみていきましょう!

紫外線対策

紫外線の対策と言ったら日焼け止め!

深いシワの原因になる紫外線はUV-Aです。UV-Aには 「PA」+の数で表されます。
+の数が多い方が防止効果が高いです。++++が一番強いです。

メラニンを抑える、肌の炎症を抑えるのはSPFです。こちらも数字の多いものが防止効果が高いです。

日焼け止めは一日塗るだけでは効果が薄くなっていくので、こまめに塗り直しましょう。

日焼け止め以外では、防止や日傘なども活用しましょう!

 

食生活

食生活で気をつけたいものは「糖化」老化物質を出しシワを増やすので、糖分の多い食べ物を多く取らないようにしましょう。

成人の場合糖質の量は1日に女性250gから男性325gを摂取するのが望ましいです。
糖質制限をする方は130gまで減らします。

糖分の多い食品

  • ご飯 茶碗1杯55g
  • パン 食パン1枚53g
  • うどん1杯 58g
  • カップラーメン1杯46g
  • ショートケーキ51g

などなど

食べる順番も先に野菜から食べるようにする事で血糖値の急激な上昇を抑えられるのでオススメです。

食事で摂ると良いものは、

タンパク質…大豆食品などの植物性タンパク質
肉、魚、卵コラーゲンや細胞の元になります。

アスタキサンチン…カニや海老、鮭
抗酸化作用が強いので老化防止になります。

野菜…色とりどりの野菜を摂る
多くのビタミンをバランスよく摂る事が大切です。

良質な睡眠をとる

良質な睡眠をとる為の習慣

  1. 適度な運動、夕食後がオススメ
  2. 寝る前に暴飲暴食を避ける
  3. 寝る前にスマホや液晶ディスプレイを観ない
  4. 寝る前にカフェインを取らない
  5. 雑音を出す物を置かない
  6. 部屋を暗くする
  7. 同じ時間に寝て、同じ時間に起きる

睡眠時間は7〜8時間が良いとされています。

トレーニング

トレーニングで表情筋を動かす事でシワやたるみを予防できます。

https://halmek.co.jp/beauty/c/aaging/2441

こちらの方が動画でも詳しく解説しています。

シワ改善テープ

テープによってシワを伸ばす物です。

 

寝ている間にシワを伸ばしながら眠る事で、改善されるのを助ける物です。

他の対策をしながら併用すると、改善、予防になります。

テープで強くシワを伸ばすと、たるみの原因になります。

 

シワに効く化粧水

komakaisiwanikikukesyousui

細かいシワに効く、「ケラチンウォーター」

 

肌の成分の50%はケラチンです。

ケラチンウォーター は分子量400の活性ケラチンが肌に浸透し、活性化される事で肌の凸凹にケラチンを補います。

100ml  ¥2,750  (税込)
300ml     ¥6,050  (税込)

 

 

オススメのリンクルケアクリーム

wrinklecarecream

深いシワ用「イーズリンクルクリーム」

 

画期的な成分が使われたリンクルケアクリームシワになる原因の主な理由が肌のコラーゲン不足でした。

肌のコラーゲンは外から与えても肌にとどまるのは一時的です。

このリンクルケアクリームは肌の本来持っていたコラーゲンを作るための信号を呼び覚まし、小さなコラーゲンを沢山作ってそれが集まり大きなコラーゲンになって肌にハリを与えてくれます。

30g  ¥5280   (税込)

 

サプリメント

siwanikikusapurimento

体の中から摂るのも効果が高いです。

オススメのサプリメンとは

「リボン」

卵由来の若返り成分HGPコラーゲンを作る為のタンパク質ソイポリアを推奨量の2倍以上配合!

  • HGPは血管を強くしてくれる成分で、若返りを助けてくれます。

 

  • ソイポリアのソイは大豆由来のタンパク質でそのままでは、吸収しづらい大豆を、とても吸収し易くしてある物です。

 

  • ポリアミンは細胞が分裂するたびに起こる劣化を抑制してくれる成分です。

60粒  ¥3,960   (税込)

1日 2粒 1ヶ月分です。

 

シワを改善しに行く.予算なども

お金はかかっても良い、早く改善したい方はこちらもオススメ。

エステサロン

  • イオン導入

イオン導入は弱い電流を流す事で、美容液を肌に浸透させる事ができます。

入れる美容液の効果によって変わるのですが、効果は1週間〜1ヶ月くらいと一時的で、定期的にやる必要があります。

顔のエステに+¥1,500〜追加出来る所が多いです。

  • フォトフェイシャル

特殊な光を当てる事で、肌の活性化をします

何度か通う必要はありますが、レーザー治療のような痛みはありません。

料金も1回¥1,000〜¥3,000とリーズナブルです。

美容整形外科

更に効果を求める場合は美容整形外科です。

  • ヒアルロン注射…深いシワにも効く

費用¥10,000〜¥50,000
背術時間5分、ダウンタイム2〜3日、
持続日数2、3ヶ月

+で成長因子やボツリヌス、フィラーなどもあります。

  • 糸リフトアップ…ほうれい線のたるみをUP

費用1本¥3,5000〜¥60,000
術後の引きつれ1週間
持続日数2年

糸によしたるんでしまった頬をあげる事でたるみとシワを改善します。

  • スーパーハイフ

肌の深くまで超音波で刺激してリフトアップ、シワの改善

費用¥30,000〜
背術時間30分
ダウンタイム2、3日
持続日数6ヶ月以上

まとめ

まとめると、

シワになる原因は

コラーゲンの減少と肌の乾燥!
紫外線、食生活、女性ホルモンの減少

対策は

  1. 日焼け止めを使う!
  2. 質の良い睡眠
  3. 食生活…糖分の取り過ぎ注意
    タンパク質、ビタミン、抗酸化作用の高い物を摂る
  4. 禁煙する。
  5. マッサージをして表情筋のコリを摂る。
  6. シワ改善テープを使う。
  7. シワ予防の化粧品を使う。
  8. サプリメントをとる。
  9. エステや美容整形外科に行く。

まずは、自分が出来る所から実施していきましょう。