白髪改善

白髪を黒髪に戻す方法。最新対策は色素幹細胞の活性化

siragagenninntotaisakudesiragakaizen
  • 白髪が気になる。
  • 少しだけだと思っていたらどんどん増えていく。
  • 白髪染めの間隔がどんどん短くなっている。

この様なお悩み、どうにも出来ないと思ってませんか?

白髪の原因は、毛根のバジル領域の働きが悪くなるためです。

これからの時代は今までの毛根のケアに加えて、バジル領域をどれだけ活性化して、メラノサイトを復活し、白髪を黒く戻す事ができるのかという時代です。

実際に御社の美容室のお客様の中にも、白髪が黒くなったと喜びのお声をいただいています。

2021年からは、白髪を黒髪に戻す時代になります!

これを黒髪にする活動、黒髪に活性化するという事で、黒活時代と呼ぶことにしました!

最後まで読んでいただければきっとあなたにも明るい未来が見えてきます!

早く知りたい方は、目次の「2021年最新白髪を黒髪にする方法」までスキップ

白髪の原因

barujiryouiki

黒い髪が白髪になってしまう原因は、メラニン色素が足りないから!

髪を黒くしているものは、メラニン色素で、

毛母細胞がメラニン色素を出すためには、バルジ領域の色素幹細胞から毛母細胞に信号を出す必要があります。

毛包幹細胞からの信号が毛母細胞にいく
   ↓
毛母細胞で白髪の状態で成長する。
   ↓
色素幹細胞からの信号が毛母細胞にいく 
   ↓
毛母細胞にメラノサイトが出来る
   ↓
メラノサイトからメラニン色素が髪に入り、
   ↓
髪を黒くします。

更に色素細胞がメラニン色素を作るには、

MITF遺伝子という司令塔が、
   ↓
チロシン(アミノ酸)に
   ↓
チロシナーゼという酵素を出し、
   ↓
メラニン色素を作り出す。

まずは色素幹細胞から毛母細胞に信号がいき、メラノサイトがなければ、そもそも毛母細胞がメラニンを出そうとはしません。

更にMITF遺伝子やチロシン、チロシナーゼが減少すると、 色素細胞の機能が低下し、メラニン色素は作られず、色が着かないままの髪が生えてきます。

色素幹細胞の消失、MITF遺伝子の減少やチロシナーゼの減少がなぜ起こるか!?

原因を見ていきましょう。

バルジ領域にある毛包幹細胞と色素幹細胞は共に関わりながら、毛母細胞に信号を送ります。バルジ領域が不活性化してしまうと、メラノサイトができず、白髪になり、更に毛が無くなってしまいます。

遺伝による原因

Bcl2とMitfの二つの遺伝子が、白髪の発生の過程に関係していると考えられている。

                              Wikipediaより

自分の両親、おじいちゃんおばあちゃんに白髪の多い方はいませんか?

思い当たる方が多いと思います。

もともと色素が薄い方は、メラニンを作る量が少ないこともあります。

日焼けしても赤くなるだけの方など、髪がもともと茶色い方など

老化による原因

細胞は細胞分裂を繰り返しながら、常に新しい細胞を維持していますが細胞分裂を繰り返す度に少しずつ劣化してしまいます。
これが老化の原因の一つでもあります。

頭皮の細胞も同じ様に、劣化していきその時にバルジ領域にある色素幹細胞や、コラーゲン物質が減少してしまうと、髪を黒くするためメラノサイトが出来ず、メラニンを出すことが出来なくなってしまいます。

幹細胞を活性化して常に新鮮な状態にし、メラノサイトを復活しましょう!

ストレスによる原因

ハーバード大学の研究では、強いストレスを与えたマウスは5日以内に色素幹細胞を失った。という研究があります。

強いストレスは神経に働きかけて幹細胞に影響を及ぼす仕組みは体全体に言える事で、急激に増える白髪の原因にもなります。

ストレスは生活習慣病の原因や三大疾患の原因にもなるまさしく現代病ですね。

白髪が出る場所にも関係していて、ストレスが血行不良や細胞に働きかけることによって白髪になります。


血行不良による原因

barujiryouiki

肌には毛細血管が張り巡らせられていて、栄養を送っていいます。

毛根にも毛細血管が張り巡らされています。

毛母細胞に栄養を与え、毛を作り、色素を与えますし、バルジ領域の周りにもあり、幹細胞を維持しています。

バルジ領域には毛包幹細胞、色素幹細胞、コラーゲンがあり毛母細胞に信号を送るので、血行不良になるとこの働きを維持できなくなってしまいます。

特に、頭皮などの末端にある血管は毛細血管で、知らずのうちに毛細血管は消えてしまいます。『毛細血管のゴースト化』と呼ばれてます。

毛細血管がゴースト化する原因は、血管の老化なのですが、老化を進めてしまうのが高血糖です。

高血糖になると、血管がダメージを受けてしまい、血液が余計に漏れてしまい毛細血管まで血液を送ることが出来なくなってしまいます。

血行不良になると毛が育たなくり、白髪になる!

 

生活習慣による原因

睡眠不足 成長ホルモンが出ず、細胞の活性化が
出来ない。ストレスの原因。
栄養不足 メラニンの元になるチロシンの不足。
チロシンの働きを助ける亜鉛、
ミネラル不足
運動不足 血行不良。肩こりなど
喫煙 ニコチンにより血管が収縮し、
血流が悪くなる。

 

年齢によるホルモンの低下

女性の場合30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)が低下していきます。

このエストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ女性のキレイを保ために重要なホルモンです。

エストロゲンが低下する事で、肌のコラーゲン量が減少し、髪や肌の機能も低下し、髪が細くなったり、薄毛の原因にもなります。

バルジ領域にある色素幹細胞は、17コラーゲンという物質が維持しています。
17コラーゲンが無くなってしまうと、色素幹細胞も維持できなくなってしまいます。

エストロゲンが減少して無くなってしまうコラーゲンは、髪にも肌にも大事!

 

白髪を黒髪にする対策

白髪になる原因は1つだけでは無く、色々な要因が重なってなります。

1つ1つ対策する事で、白髪を改善していきましょう。

白髪を黒髪にする①生活習慣の見直し

  • 睡眠をしっかりとる

睡眠している時に、細胞が活性化しメラニン色素をしっかり出す。

お客様でも白髪が多い方は寝不足の方、睡眠時間の短い方が多いと思います。

  • 適度な運動

運動する事で血行促進し、ストレス解消しましょう。

肩こりを予防するストレッチなども血行促進されるので良いです。

血管年齢を若く保つのにもストレッチが有効です!

 

 

白髪を黒髪にする②メラニンを出す食事を摂る

  • メラニンの元になるチロシンが含まれる食品
    大豆やかつお、チーズ等を多く食べる。

大豆の場合、必須アミノ酸が不足するので動物性タンパク質も一緒に摂ります。

  • 色素細胞を活性化させる食品
    ・「ヨウ素」を含む食べ物…海藻類や魚介類。
    ・ビタミンB12を含む食べ物…しじみやあさりなどの貝類、レバーなど
    ・葉酸…枝豆、焼きのり、レバーなど

 

白髪を黒髪にする③マッサージ

  • マッサージで血行促進
    毎日継続する事でより効果を発揮します。

白髪が多い方や薄毛の方は共通して頭皮が硬いです。

頭皮が柔らかい方は、80歳の方でも毛がしっかりしていてフサフサですよ!

頭皮が硬いのを気になさっていたお客様も1年間シャンプーの時に毎日マッサージをしたら頭皮が柔らかくなっていました!

この動画の様に全て真面目にやらなくても、自分が気持ちの良いと思う物を継続してやる事が大事です。

お風呂に浸かっている時に体を温め、呼吸を整えながらリラックスした状態がオススメ!

白髪を黒髪にする④血行促進する食品を摂る

皆さんご存知の食品

  • 唐辛子などのカプサイシンを含んだ食品は体が熱くなって血行促進します。
  • 生姜に含まれるショウガオールも血行促進してくれます。
  • タンパク質…体を作る材料になります。魚、肉、大豆など

更に血液をサラサラにしてくれる食品

  • クエン酸…酢や梅干し、レモンなど柑橘類
  • EPA…イワシ、さんまなどの青魚に多く含まれる
  • ポリフェノール類…赤ワイン、緑茶、ココア、ぶどうなど
  • アルギン酸…わかめ、昆布など
  • ビタミンE…カボチャ、アスパラガス、春菊など
  • ビダミンC…フルーツ、ピーマンなど

毛細血管のゴースト化を防ぐタイツーを活性化する

毛細血管を安定させるためにタイツーという分子を活性化するオススメの食事は、

  • シナモンを摂る
  • ヒハツを摂る
  • 山菜のウコギを摂る
  • ルイボスティーを飲む

これらの食事を気をつけて、血液の質を上げ、血管をしなやかに、血流をアップさせましょう!

白髪を黒髪にする⑤シャンプー

ネットで良く見るのは

利尻カラーシャンプー

 

 

こちらはシャンプーの中に白髪を染める染料が入っている物です。

裏の成分表の中にHC○○や黒○、青○などと幾つか書かれています。

他のシャンプーでもカラーシャンプーは同じ様に染料が入っていてシャンプーしながら少しずつ白髪を染めていく物です。

メリットはカラーをしない場合は頭皮と髪への負担が無いという所です。

デメリットは少しずつお風呂場も染まる。

その他、

カラーシャンプー以外の白髪に良いとされるシャンプーは保湿や抗菌の出来るシャンプーで頭皮環境を良くして髪が育ちやすい環境を作る、頭皮用シャンプーが多いです。

こちらが白髪用シャンプーを紹介しています。

https://www.ozmall.co.jp/cosme/shampoo/article/23244/

白髪を黒髪にする⑥トリートメント

トリートメントもカラートリートメントが色々あります。

 

こちらも利尻カラートリートメントなどトリートメントの中に染料が入っている物です。

トリートメントですが根元からつける物ですね。

こちらで紹介されています。

https://lalahair.co.jp/magazine/hair/color/treatment-ninki/#3

白髪を黒髪にする⑦サプリメント

食事での栄養補給をバランス良く毎日するのは大変なので、サプリメントも活用しましょう。

サプリメントで摂りたい栄養は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール

これらを含んだサプリメントで白髪改善を目的とした物を紹介したサイト

https://www.travelbook.co.jp/topic/60469

ランキングで紹介されています。

実はサプリメントを紹介したのですが、

一つ気になる事がありまして、

サプリメントで体の中からメラニンを増やそうとすると、体全体に効果が出ます。

するとどうなるかと想像すると、

皆さんの大敵、『シミ』の元になるのもメラニンなんです。

そりゃ誰だって、白髪は無くしたいけどシミを増やしたい人はいないですよね。

女性ホルモンを活性化するサプリメント

白髪の増える原因に女性ホルモンの低下がありました。

最近注目の成分で『エクオール』と言う物が、女性ホルモンに似ていて同じ様な働きをすると言う事で注目されています。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きを良くしてくれると言った事も大豆イソフラボンが腸内細菌の力でエクオールになるからです。

それなら大豆イソフラボンを摂れば良いのですが、

実は大豆イソフラボンからエクオールを作り出せる腸内細菌を持った人は人口の約1/3しかいないそうです。

40代から体質の変化を感じていて大豆食品を多く摂っているのに効果が感じられない方はエクオールが作られていません。

そんな方のために、エクオールを直接摂れるサプリメントがあります。

シミも増やしてしまうかもしれないチロシンなどの成分が入ったサプリメントは嫌だという方はこちらが良いと思います。

女性ホルモンを維持することで、頭皮に必要なコラーゲンを維持できます。

実際に白髪は黒髪になるのか?ブログ紹介

改善出来た方や改善しようとしているブログを紹介します。

まずはこの方

https://missy-blog.com/life/improving/whitehair/

こちらの方は食生活と特に黒ごまを毎日摂るという事をして、改善を実感しています。

https://ameblo.jp/happy-ckck/entry-12550980023.html

こちらの方はマッサージと亜鉛を摂るサプリメントを飲んで実際に髪が黒くなっていますね!

https://bit.ly/2ZMuaMK

こちらの方は食生活を特に気をつけて改善してます。サプリメントの活用もしています。

皆さんの改善方法、共通して食生活や栄養補給してます。

2021年最新白髪を黒髪にする方法

2021年からの白髪改善は、今までの毛母細胞だけのアプローチだけではなく、バルジ領域に対して対策して、バルジ領域にある色素幹細胞を活性化し、白髪を黒くする!

こちらで紹介するのは実際に御社の美容室のお客様が試されて、効果を実感していただいている物です。

  • 分け目が気になりにくくなった!
  • ボリュームが出た
  • 白髪が増えていない気がする
  • 白髪が黒くなった

このような声をいただいています。

最新白髪を黒髪にする①ローション

kurokatusui

こちらスゴイのが、『ダークニル』という成分を使っているのですが、バルジ領域を活性化し、酸化ストレスから毛根を守る成分です。

この成分の実験データが平均で-17%から最大-56%白髪が減少したというデータが出ているんです。

https://matsumoto-trd.com/product/pdf/concept/g23.pdf

更にシナチントップという成分子の活性化ケラチンも配合されていています。
肌の細胞は50%以上がケラチンタンパク質で、髪は80%以上がケラチンタンパク質で出来ています。

シナチントップは、細胞の活性化をしてくれ、コラーゲン量、成長因子の量、グルタチオン量が上がります。

実際にこちらを4ヶ月試したお客様が白髪改善しています。

本当にこれからの白髪予防の時代を変えると思います。

  • 白髪を気にしてストレスを溜めると更に白髪が増える。
  • 白髪染めの間隔が短くなると頭皮への負担が増えて頭皮環境が悪くなって白髪が増える。

この様な事態を少しでも抑えるためにも、この白髪改善トニックでケアしていきましょう。

こちらは毎日お風呂上がりに頭皮に10プッシュ。

気になる所が部分的な方はその部分に多めに付けてください。

1ヶ月分 100ml ¥5,390   (税込)     
3ヶ月分 300ml詰替 ¥10,890   (税込)

頭皮のサイクルが4ヶ月なので、効果が実感出来るのが4ヶ月以降になります。

ちなみにまだ白髪が出始めの方は1ヶ月でも効果を実感した方もいます。

ご購入はこちらから

ブラックシャンプーと併用して使うとより効果的です!

最新白髪を黒髪にする②シャンプー

grayreverse shampoo

白髪改善成分ダークニル配合白髪予防シャンプー

クロカツ水にも含まれる白髪改善成分ダークニルを配合したシャンプーです。

更にメラニンを多く含むケラチン、メラチントップを使用!

白髪でお困りの方、細毛、パサつきなどのエイジング毛でお困りの方にオススメ!

こちらに使われているケラチンは、フランスのケラチノーブ社で開発されたシナチントップとメラチントップという原料が使われています。

シナチントップは、髪の性質に一番近い羊毛を使っており、分子量400の特許製法により活性化せれたケラチンです。

つまり、髪に浸透出来て、髪にくっつき補修してくれます。

メラチントップは更に頭皮にも浸透、頭皮環境を健やかにしてメラニン量を増やし白髪を予防します。

COSMOS NATURAL認証、HALAL認証を受けた非常に安心、安全のケラチンです。

界面活性剤にはベタイン系を使い、保湿を行いながら優しく洗い上げます。


白髪を染めるシャンプーではありません。

500ml  ¥6,490
1000ml   ¥10,285   (税込)

クロカツ水と一緒に使うとより効果的です。

 

最新白髪を黒くする方法③サプリメント

サプリメントはメラニンを増やす物は、シミも増えるのでお勧めしません。

オススメのサプリメントは、髪や肌、血行を良くするサプリメントです。

siwanikikusapurimento

若さを作る攻めのサプリメント「リボン」

育毛=美容=健康というコンセプトで作られたサプリメントです。

肌の代謝を活性化、育毛、血行促進をもたらしてくれる。

成分

  • 血管を強くし、成長因子IGF-1を増やし毛穴を深く大きくするHGP配合。
    卵から作られた成分で良く宣伝しているニュー○という育毛剤にも入っていますが、頭皮につけるよりもサプリメントとして摂った方が良いです。
  • 髪や肌、内臓を作るタンパク質合成を促進するソイポリア配合。
    大豆タンパク質をより吸収し易くしたソイ。と
    ポリアミンという若い時にはみんなが持っている細胞を健康的に増やす成分が一緒になっています。
  • 肌の水分量維持と抗酸化で育毛に大事なビタミンC配合

美肌、美容メインは1日2粒
育毛メインは1日4粒

60粒入り ¥3,960 (税込)

噛んで飲んでも大丈夫な錠剤でココア味です。

まとめ 

白髪の原因は、

遺伝、ストレス、生活習慣、ホルモンの低下、血行不良

白髪の対策は、

生活習慣の見直し、栄養を食事やサプリメントで摂るマッサージで血行促進する。

更に最新の改善方法は白髪予防トニック、白髪予防シャンプーを使いメラノサイトを復活させる。

白髪は色々な原因が重なっているので、是非これらを意識して黒活し、白髪を黒髪に戻しましょう!!